七五三はいつから始まった?

子供の健やかな成長を祝う七五三は、平安時代から宮中や公家の間で、3歳の男女が髪をのばしはじめる「髪置き」、5歳の男子が初めて袴を着用する「袴着(はかまぎ)」、7歳の女子が紐付きの着物から本裁ちの着物の丸帯をつかいはじめる「帯解き」の儀式が由来とされ、本来は別々の日に行われていました。一般には江戸時代に関東から全国へ広まり、現在の形になったのは明治時代と言われています。昔は乳幼児の死亡率が高く誕生から3年から4年経ってから当時の戸籍にあたる人別帳などに登録していました。七五三の行事は無事に子供が育ったことへの感謝と、これからの成長を願うという意味合いも持たれていたようです。

なぜ七五三は11月15日なの?

七五三は一般的には11月15日に行われます。諸説ありますが、天和元年11月15日(1681年12月24日)犬将軍と呼ばれる徳川綱吉の長男「徳松」の健康を願って行われたことが始まりとされる説が有力です。また、この日は二十八宿の「鬼宿日(きしゅくにち)」で鬼が出歩かない日とされ婚礼に関わること以外は吉とされています。旧暦の11月は収穫を感謝する霜月祭りにもあたり、氏神様へ収穫の感謝と、子供の成長を祈願をしたと考えられています。

七五三はどこでお参りをすればいい?

七五三は、その土地の神様いわゆる氏神様へお参りするのがしきたりというところが多いようです。しかし、神社によっては神主さんが常駐していないところもあり、ご祈祷を希望するのであれば事前に問いあわせてみましょう。必ずしも氏神様というわけではなく、希望する神社やお寺でお参りしてもかまいません。日程も11月15日にとらわれず、都合の良い日に行うことが一般的になってきています。小さな子供は慣れない着物で長時間を過ごすことは負担になってしまいます。あくまでも子供が主役の行事です。子供の負担にならず楽しく過ごせる儀式になるように心がけましょう。

子供の健やかな成長を祝う七五三は、宮中や公家の間で行われていた「髪置き」「袴着」「帯解き」の儀式が由来とされています。