特別仕様!ちらし寿司で作るケーキ

自宅で長寿のお祝いをする際には、高齢の方でも食べやすい物を準備することが大切です。咀嚼力が弱くなっていたり、脂っこいものが苦手だったりする方もいるので、注意して選ぶようにしましょう。晴れの日にふさわしい料理として、広く親しまれているお寿司を作る場合におすすめの方法のひとつが、ちらし寿司をケーキ仕立てにすることです。ホールケーキの型にちらし寿司を詰めて、表面を錦糸卵や刺身などで飾れば出来上がりです。集まった親族で切り分けながら、和やかにお祝いをしましょう。

飾り巻き寿司にチャレンジ!

手作りのお寿司のなかで、見た目のインパクトの強さが話題を呼んでいるのが、飾り巻き寿司です。色を付けた寿司飯や、野菜やソーセージなどの具材を使って、金太郎飴を作る時の要領で、切った断面が素敵に見えるように巻いていきましょう。梅や桃、薔薇といったお花の飾り巻き寿司は、華やかなお祝いの場にふさわしく、特におすすめです。巻き寿司をあまり太くし過ぎると、噛みにくいので、その点には注意して作るようにして下さいね。

手まり寿司の食べやすさは高齢の方にも喜ばれる!

手まり寿司は、小さなサイズで食べやすく、彩りも美しいお寿司です。高級和食店で提供される料理というイメージもありますが、実は自宅でも簡単に作れるんですよ。ラップに具材と寿司飯を乗せ、ラップごとくるんと丸い形に整えれば、愛らしい姿に仕上がります。具材は、鮮魚のお刺身以外に、スモークサーモンや生ハムもおすすめです。仕上げに木の芽や青紫蘇、カイワレ大根の緑をプラスするなどして、彩りを考えながら作ると完成度が高くなりますよ。

記念日のディナーの予約を取るためには、高度なテクニックが必要ですが、人気の高いシェフが在籍しているレストランのフルコースの特徴を調べることがポイントです。