外装の手入れは自分で行いたい

機械式時計には懐中時計や腕時計タイプがありますが、毎日腕に巻くタイプでは皮脂や汗による汚れは柔らかい布で拭き取ることが大切です。何よりも自分で手入れするほどの愛着を持って機械式時計を使うことが長持ちさせる秘訣でもあります。最初はスケルトンタイプから入ると、機械式時計の繊細さや仕組みを理解出来るでしょう。クオーツ時計とは違う手間がかかるポイントを味と捉えることが出来る時、一生ものの高級機械式時計を手に入れても良い時期となります。

手動巻きと自動巻きに違いが出るのか

腕時計タイプの機械式時計では、エントリーモデルの手動巻きから高級機械式時計で採用される自動巻きがあります。手動巻きタイプでは、毎日一定数だけ竜頭を巻く作業が必要です。忘れてしまうと時間が遅れてそのうち止まってしまうでしょう。自動巻きでは日常生活で手を動かす動作からゼンマイが巻かれるので、腕時計として使用していないとやはりゼンマイの巻きが不足してしまいます。竜頭を巻くことで元通りになりますが、毎日身に付ける習慣が大切です。

オーバーホールは必要です

クオーツ時計を使い慣れている人には馴染みがないこととして、機械式時計には3年に一度程度を目安に内部部品をオーバーホールする必要があります。全ての部品を一度分解して注油しながら摩耗箇所があれば補修したり、消耗品を交換して再度組み直す作業が必要です。内部構造が複雑な機械式時計ほど、時計職人の腕が試されるので、高級機械式時計を購入する際には対応出来る時計職人の確保が課題となります。優れた機械式時計と時計職人は切っても切れない関係にあるわけです。

ウブロの機械式腕時計の特徴は、駆動部分のサイズが大きいこと。無骨で大きめのサイズが好きな時計マニア達から高い評価を受けています。

時計のウブロを調査
hublotで見つける